デジタルコンテンツ化による街と企業のブランディング

Photo by Snapwire on Pexels.com

バーチャル空間設計テクノロジー分野での知見とE-Commerceシステムの融合によって直観的で臨場感あふれる空間や仕掛けにより、世界中の幅広い層へのファンを獲得しここで得られる交流を通して新しいビジネスモデルを提供。自治体の資産の奥深さを掘り下げたコンテンツや、バーチャルコンテンツの開発による観光産業や卓越した製品を保有する企業とともにデジタルマーケティングを開発し提供している

サイバー空間のインフラとしてプラットフォームを創生し、
多くの人がビジネスを行える場として提供する仕組みをつくる

“最新のIT技術” “分かり易い媒体”
体験・経験できる様な可視化分析性能が優れた技術と媒体:
・仮想現実(VR)
・拡張現実(AR)
・人工知能(AI)
・デジタルツイン (現実世界をシミュレーションする技術)

本システムは3D空間スキャン技術を用いて業務情報の一元化を図り、施設管理や顧客サービスの改善を目的としている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。