コミュニティーのデジタル化による生活支援プラットフォーム

Photo by Leah Kelley on Pexels.com

GIS(地図情報)や自治体のオープンデータ、およびデジタル化されていないデータのデジタル化の取り組みによって、住民サービスを可視化し、サービスとつなげ、行政サービスの施策立案に接続していくためのプラットフォームとして起動させる。BCP対応や各種公的機関の支援サービス、損害保険、観光分野、ヘルスケア分野も参画し街づくりのニーズに即応する仕組みを構築

コミュニティーの運営の起点となるデータプラットフォームの構築

本システムによりサービス提供側が寄り添う仕組みで個別化されたサービスを提供することができる。

  • ニーズの可視化 →動静のシェア個別化 
  • ニーズマッチング(在宅サービス)
  • コミュニティーニーズ需給(消費量、GPS、シェアリングビル)
  • コミュニティー最適化→コミュニティーリーダー創出と活動

が実現され、下記のツールにてコミュニティーの最適化を実装する。

1)コミュニティーピープル(コミュニティーから雇用)

集約化したサービスの提供、生活の最適化、アバター、ロボ、デバイスとの連携、デジタルデバイド支援

2)コミュニティービークル(登録事業者による多機能移動式生活インフラ提供)

移動式の生活物資の販売や在宅ケア用品の補充、買い物代行、行政サービス等を提供。また商店街に高齢者を運ぶサービス(高齢者の引きこもり・認知症対策)によるすべての人を活かす街づくりを支援する

3)コミュニティービルディング シェアリングファシリティー

特定生活サービス、空き家・廃校利活用、行政サービス等に活用

※本取り組みは21年都内自治体にて実証事業を開始予定

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。