スマートヘルスケアシステム

Photo by Matthias Zomer on Pexels.com

スマートコミュニティシステムの開発・販売。コミュニティアプリを利用した在宅ケアを中心とした高齢者コミュニティ支援事業に当初事業はフォーカスし、生活支援サービス企業とともに新たなDXビジネスモデルを構築し推進する。

エイジングソサエティー先進国にあって、健康な街をつくるということ、それはどういうことか。我々は健康とは生活の質のことであると考え、生活の土台を良くすることに注目した。

ステークホルダーの課題

【一人暮らしの高齢者】 コロナにおける社会活動の制限・運動抑制

1)自助による生活の困難さ 2)コミュニケーションの困難さ

【高齢者と離れて暮らす家族】 コロナにおける社会活動の制限

1)安否は気になるが、毎日確認するのは煩雑である。 2)介護は負担が大きい。在宅ケアの負担やコロナにおける活動制限

【行政】 コミュニティー・社会属性軸で課題抽出や政策検討をすることができていない コロナにより疎密の関係性からコミュニティー単位での最適化やまち整備が困難

【企業】 コロナによって商店街や地元企業の活性化が困難 コロナによる制限によってコニュニティーに寄り添う付加価値の高いサービスの開発が困難

コミュニティアプリを利用し、定時に高齢者へのコミュニケーションサービスを配信する。アシスタントは、高齢者に対し今日の予定などを確認するとともに日課も確認する。配信の前後には動画による番組も配信し、独居高齢者の自助を促すという仕組みを導入することで、一方的に与えるのでなく、自助によって継続して自立を支援する

コミュニティーアプリ

在宅介護世帯、子育て世帯など個人とその属するコミュニティーをリコメンデーション機能によるコミュニティー形成の新たなモデルにより可視化・最適化する。

これらのコミュニティーへの属性から個別化されたサービスをアプリ上でリコメンデーションし、より最適なサービスを提供していく。

本取り組みが生み出すビジネス、雇用、街づくりにおける価値は大きい

アシスタントアプリ

高齢者が簡易に利用できるタブレットを使用し、アシスタントが情報を入力することでケアの質を高める

本アプリの利用により、サービス提供側が寄り添う仕組み個別化されたサービスを提供することを目的に21年度都内にて実証プロジェクト実施

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。